ナチュラルモダンな店舗付き住宅|幸和ハウジング

8dk98a01


西は店舗、東は住居としてゾーニング。

ほどよく距離をとり、ほどよくつながる。

H邸の敷地は東西に長い矩形。西側はバス通りに面し、東側は住宅地に向いています。ここでHさん夫妻が求めたのは店舗付き住宅でした。「妻がネイルサロンを自宅で開業したいという夢を持っていたんです」とご主人。
そこで、設計・施工を手掛けた幸和ハウジングでは、SE構法による3階建てのプランを提案することに。建物は、中央の階段室を境に、交通のアクセスのよい西側に店舗スペース、落ち着きのある東側に住居部分と間取りが振り分けられました。1階の西側は広めに確保した貸し出し用の店舗スペース。その脇には外階段が設けられ、2階の西側の奥様のネイルサロンの部屋へ直接、来客が上がれるようにしました。

8dk98a02 一方、1階の東側は住居用の玄関と将来の子ども室。2階に上がると東側はワンルームのLDKに。3階はプライベートフロアとして、寝室、洗面・浴室、屋上テラスが設けられました。

各階とも間取りが異なるプランとなりましたが、階段スペースや収納部周りに耐力壁を配することで、1階の店舗部分や2階のLDKなどを広く確保。構造計算に基づくSE構法の躯体により、構造に制限されることなく、階段室の高窓やLDK東側の開口部など、要所で採光を図ることができました。また、東と西をつなぐ階段スペースでは、2階から3階にかけて吹き抜けを設けて、天窓と北側の開口部から採光。東西に長い建物で暗くなりがちな中央部に明るさを取り入れています。

「広々としていて気持ちいい空間です。ネイルサロンから出てここを通ると、いったん外に出たかのように気持ちが切り替わります」と奥様。

採光の配慮と適切なゾーニング、バランスの取れた空間構成により、店舗と住居がスムーズに融合した住まいとなりました。


白いクロスとチークの床で明るい印象に。

内装、段差などにより多彩な空間を実現。

「この敷地には以前、アパートが建っていたのですが、南側に隣家が近接したので、とても暗かった。新築にあたってはそこが心配でした」とご主人。そこで、南側からの採光はあてにせず、東と西に大きな窓を取り、中央の階段部でも吹き抜けを設けて採光を図ることになりました。

8dk98a03内装も壁、天井を白いクロスで仕上げ、光をより明るく見せるようにしました。その一方、床はカジュアルな印象のミャンマーチークの無垢板を張り、階段では黒い金属手すりをシャープに造作、サッシ枠も黒を選ぶことで、空間の印象をぐっと引き締めています。

室内でも、玄関では壁面にタイルを貼ってアクセントを付けたり、2階のLDKではリビング部分だけ床を下げてカーペットを貼ったり、ネイルサロンの床をヘリンボーン張りにしたり、と部屋ごとに変化をつけて多彩に空間を演出。

さらに東側には約1200mmの出があるバルコニーを設け、前面道路との間にほどよい距離感をとりつつ、手すり壁の立ち上がりによって外からの視線と西日をカット。外壁の外にもう1層の中間領域を設けることで、ネイルサロン内に落ち着きをもたらしています。

LDKでは、南西のコーナーにパソコンデスクを配置しました。

「ワンルームの中にうまく家族の居場所をつくってくれましたね。朝は東の大きな開口部からの日差しを浴びることができて、気持ちよく朝食をとれます」
とご主人。

8dk98a042階の階段室の南側の床にはタイルを張り、ご主人の趣味である観賞魚飼育の水槽が置かれました。その外側には、水槽を洗うためのミニバルコニーも設置。
「この階段室はとても明るくて、吹き抜けの広がりも気持ちいいんです。ただの通路ではなくて、もうひとつのリビングみたいです」と奥様は笑います。

また屋上テラスもH邸のリラックススペースのひとつ。周囲の視線を気にすることなく、プライベートな時間を過ごせます。12mm厚の合板を重ね、軽カル板を張った上にFRP防水を施し、通常のバルコニーとしての荷重に加え、平方あたり60kgの荷重も想定して構造計算されているので、デッキ材やタイルを敷くことも可能。
「将来、屋上庭園のようにしても面白い」とご主人は夢を膨らませています。

通路や水回りもあえてゆとりを持たせたことで、室内は全体的に広がりのある印象に。市街地の限られた条件の中で、3フロアにわたって多彩な空間を実現したH邸。家族のこれからの暮らしを柔軟に受け止めてくれそうです。

施工 幸和ハウジング株式会社
静岡県浜松市東区天王町1147-1 Tel 053-461-1155