暮らしを楽しむ ビルトインガレージの家 | 丸尾建築

m001

line_lite

コンパクトにまとめられた3層の生活空間。                                                     フロアごとにコンセプトを明解にして魅力的に。

line_lite

m002 丸尾建築は、丸尾正和社長の生まれ故郷、兵庫県南西部の揖保郡太子町で創業して、30年以上も地域の住宅需要に応えてきました。そして、より住宅需要の高い姫路市に商圏を拡大するため、今年2月にオープンさせたのが、今回ご紹介するモデルハウスです。人口が多く敷地条件の厳しいエリアのニーズに合わせて、3階建てのプランを提案することに。1階に大きく確保したのはビルトインガレージ。約4.5mの間口と約7.2mの奥行きがあり、車を駐車するだけでなく、バイクや自転車を置いたり、手入れをしたり、工具を収納したり、とガレージライフを楽しめるゆとりの空間として提案されています。2階は生活の中心となるLDK。大きな吹き抜けを擁し、広がりのあるくつろぎのリビングの周囲には、ダイニングテーブルと一体となったキッチン、洗面室、浴室などの水回りを配置しました。家事動線もコンパクトなものに。3階は2つの個室のほか、吹き抜けの壁に映像を投射できるホームシアターのスペースも用意。延床45坪の中に多彩な暮らしのシーンが盛り込まれています。

line_liteSE 構法ならではの吹き抜けとオープンリビング。                                             設計の工夫により、限られた空間を広々と演出。
line_lite

m003丸尾建築が創業時から家づくりの軸としてこだわってきたのが構造です。今回、都市部への進出にあたってモデルハウスの構造に選んだのは、SE構法でした。建物が密集した敷地であっても、耐力壁に遮られることなく、大空間を確保でき、開口部をレイアウトしやすいという 特徴はまさにうってつけでした。設計の際も、SE構法のメリットを来場者に実感してもらえるよう、開放感と広がりをもたらす配慮と工夫が施されました。水平方向に広い1階のガレージから2階に上がると、一転して3階へ吹き抜けたリビングに。メリハリの利いた展開 を強調するのが、視線の通るストリップ階段です。そして白を基調とした室内にすっと通る木の梁。室内の木部造作は熟練の大工が手掛けたものです。それらの描く真っ直ぐなラインが遠近感を高め、空間の懐を奥深く仕上げることに成功しています。

line_lite標準仕様を使って魅力ある空間に。                      スケルトン・インフィルの可能性を追求。

line_litem004 このモデルハウスでは、SE構法による空間をよりリアルに感じてもらうため、床、階段、クロス、建具などほとんどを丸尾建築における標準仕様で仕上げています。同社SE事業部の西﨑邦彦さんは「SE構法をお客様に説明するときは、耐震性や強度の信頼性とともに、空間の開放感や可変性をお伝えしています」と話します。その特徴がよく表れているのが3階です。SE構法ならではのスケルトン・インフィルを意識したオープンな空間構成となっており、北側の個室は将来2部屋に分けることもできるように想定されています。長期優良住宅の仕様となっており、躯体は高気密・高断熱で耐震等級3を実現。維持管理に考慮して、屋根にはカラーステンレス、外壁にはシーリングレス工法のサイディングを採用しています。全熱交換型24時間換気システムを備えて、温熱環境や換気についても快適に。そのほか、これまでの住宅建築で培ってきたライフスタイルを豊かにするための提案も多々盛り込まれています。1階のガレージ横には隠れ家のような趣味室が設けられました。大きなフィックス窓を通じて愛車を眺めながらひとりの時間を楽しむことができるようになっています。2階のLDKはキッチンが中心に据えられました。キッチンのカウンターとダイニングテーブルは一体として造作。すぐ外にはバルコニーも設置され、内外ひと続きのパーティースペースとしても活用することができます。キッチン横には大容量のパントリーを配置。食品のストックのほか、造り付けのカウンターを家事コーナーとして使えるようになっています。3階の吹き抜けに面したホームシアターは、家族のためのプライベートな時間を過ごす場に。寝室のバルコニーからは遠くの景観を見渡すことができます。3階建てならではの建物の高さ、立体的な空間を生かす設計となっています。SE構法によって確保された大空間と、それを生かし切る多彩な生活提案、そしてプランを美しく仕上げる施工技術。工務店としての実力を存分に表現した、都市型3階建てモデルハウスと言えそうです。

設計・施工 株式会社丸尾建築
兵庫県揖保郡太子町東保 317-1

http://www.maruo1.com/

 

 


<

p class=”p2″ style=”text-align: right;”>