巧みな採光と素材の調和で 柔らかな居心地の家に | 富田建設

t001

line_lite

北に向け、開いて安定した採光を確保。                                                      

細長い敷地形状を、巧みに活かす設計に。

line_lite

京都市の北部にある住宅地。「緑を感じられる家にしたい」と施主のAさん夫妻が選んだのは、間口約6m×奥行き約30mの、細長い敷地でした。北側には、桜並木のある疎水。周囲の落ち着いた環境を活かすことが、ご夫妻の要望でした。

そこで富田建設では、眺望を取り入れながらもプライバシーを確保できる、LDKを2階に配置したプランを提案。 北側に大きな開口部、建物内に中庭を設けて、周囲に隣家が密集した状況でも、安定した採光量を確保しました。

LDKはワンルームに。南北方向の奥行きを活かしつつ、切妻屋根の勾配を表した天井にして高さも演出。床から天井までのFIX窓を設け、その先の読書室の腰上窓と合わせて、北側の並木の緑を室内に取り込んでいます。

天井の棟部分に段差を付けたり、 西側の窓の外にさらに壁を立てたりと、少しずつ「ズレ」を感じさせる仕掛けを随所に施すことによって空間にアクセントを付ける配慮も、効果的に機能しています。

line_lite天井と床に段差を付けて、

ワンルームLDKをさりげなくゾーニング。     

壁面も有効利用。
line_lite

細長い敷地を無駄なく使おうとすると、どうしても、境界線に沿った箱形の単調な空間になりがちです。

A邸では、1階のカーポートの高さに合わせ、北側に配置した読書室をLDKから500mm低くして変化を付けました。天井も、この部屋だけフラットに。床、天井ともあえて「低さ」を感じさせることで、安定した印象と落ち着きを演出しています。

隣家が迫っているために大きな窓が設けにくい東西の壁面では、アンティーク家具と造作家具を並べて室内の雰囲気をまとめつつ、空間の奥行きを強調。1階では、玄関から伸びる廊下に沿って格子が壁面に配されており、視界を真っ直ぐ先にまで自然と導きます。

変化や動きを感じさせる工夫をさりげなく調和させることで、SE構法ならではの広がりや奥行きを、うまく活かした空間に仕上がりました。

line_lite住まい手のセンスを生かす、多彩な内装。

暮らしを楽しむ気持ちを引き出す住まい。

line_litet004

 Aさん一家がそれまで住んでいたのは、京都北部の山の中腹に移築した、書院造りの古民家。それだけに和風のしつらえに愛着がある一方、北欧モダンのインテリアやヨーロッパのアン ティークも好きだということで、新居ではそれらのスタイルを盛り込み、調和させることが求められました。

外観では、敷地における景観条例によって色合いや形状などに制限がありましたが、カーポート+読書室を跳ね出すようにして、シンプルなフォルムを持ちながらも、平板な印象にならないようにデザインしています。

「設計の担当者には”ふわっと”柔らかいイメージにしたい、ということを伝えました」と奥様。そこで、強い直射日光は避け、中庭を通じて室内に反射させた日差しや、一日を通じて変化の少ない北側からの自然光などを意識した採光が計画され、日中は常に安定した明るさがもたらされることに。 日の当たりにくい1階では、ホールの東側に坪庭を設け、地窓を通じて光が取り込まれました。

ホールの壁面は滑らかな曲線を描くように設計され、 取り込んだ光を、玄関にまで柔らかく導いています。 その奥に用意された中庭は、約 2.7m × 約 3.6mと、ひと部屋分の大きさを確保。間口の狭い建物ではありますが、 構造計算によって安全性を確認したうえで、光と風を取り込むことができました。三方に開口部を配することで、寝室、 廊下、子ども室に、明るさと開放感を供給しています。

 

設計・施工 株式会社 富田建設 TOMIKEN
滋賀県草津市滋賀県草津市新浜町394-5

Tel. 077-567-7880

http://www.tomiken.jp

 


<

p class=”p2″ style=”text-align: right;”>