〜新しい建築構法、「SE」の誕生〜【3匹の子ぶたvol.030】

setop06

 あなたの家は「構造計算」されていますか?(27)

新しい建築構法、「SE」の誕生


setop06

そんなある日、知人の建築家が頼まれた個人宅の設計について相談を受けた。施主は、木を使い、明るく開放的な住まいを希望していた。ただし、敷地はそれほどない。
播氏は、木の特徴と日本の木組みを生かしながら、地震に強い家をつくるにはどうしたらよいかと悩んだ。出した答えは、集成材を使うことと、材と材の接合部にこれまでにない工夫をすることだった。
当時、集成材は大型の建造物に使うことはあっても、普通の住宅に使うことはほとんどなかったが、この新しい木材を個人宅に使うことで耐震性を確保できると考えたのである。 材と材の接合部については、何枚もイメージスケッチを描いて検討を重ねた。ポイントは、金物を使いすぎずに、構造的に優れ、施工に際してもいかにシンプルで効率的なものにできるか、またデザインとしてもいかに美しいものに仕上げるかであった。
最終的に、播氏は楔(くさび)の原理を応用し、ドリフトピン(ボルトの替わりに用いる先がやや細くなっている鋼鉄の棒)を打ち込むことで柱が引き寄せられる仕組みに行き着いた。この接合法は、一九九七年に建築基準法第三八条の一般認定を取得している。 阪神淡路大震災から二年、播氏の出した新しい日本の木造住宅への答えだった。 この建物の構法は後に多少の修正が加えられ、SE構法として完成する。SEとはSafety Engineeringの略である。まず「安全」であること、それは住まいが住まいであるために絶対に欠かすことができない条件である。 日本人はほとんどが安全な木造住宅を望みつづけてきたにもかかわらず、それを実現するための科学に裏づけられた技術は十分に開発されてきたとはいえなかった。その欠落を埋めたのがこの木造住宅だったともいえるかもしれない。さらにいえば、戦後、木造が否定され、ほとんどの建築物がRC(鉄筋コンクリート造)、SRC(鉄骨コンクリート造)になったために技術の進歩から取り残された木造住宅が、本来のあるべき姿になったということであろう。播氏は、この構造を「木骨構造」と名づけた。「木造でも鉄骨に負けない強さを持った家」、構造建築家としての真骨頂である。播氏は確かに新しい日本の住宅をつくり出したのだ。


このコラムは、2007年に発刊された「家、三匹の子ぶたが間違っていたこと」【ダイヤモンド社】の内容から、 弊社代表取締役田鎖郁男の記事を抜粋して掲載しています。詳細については、書籍をご覧下さい。 ………………………………………………………………………………………………………………………………

sanbiki「家、三匹の子ぶたが間違っていたこと」 田鎖郁男・金谷年展(共著)

大地震のたびに繰り返される悲劇の本当の原因は何か?本書に、その答えのすべてがある。「日本の二階建て木造住宅の97%以上が構造計算されていない」という事実を知っていますか?“家”の考え方が180°変わる目からウロコの書。 単行本 213ページ 発刊:2007年11月 発行:ダイヤモンド社 →書籍のご購入はこちらから