~「量から質」への転換~【3匹の子ぶたvol.042】

ダウンロード

第2章 あなたの家の値段はいくらですか?


あなたの家の値段はいくらですか?(9

 

「量から質」への転換

 

ダウンロード 二〇〇年住宅を目指して二〇〇六年九月四日、「読売新聞」朝刊に「政府・与党は、
建て替えをせずに長期間住みつづけることができる『長寿命住宅』の普及策に乗り出す」
という見出しで以下のような記事が掲載された。
「現在は三〇年前後とされる日本の住宅の・平均寿命・を一〇年後に四〇年、五〇年後には
最長二〇〇年まで延ばすことを目指し、住宅の構造を変え、維持管理の仕組みを整備する。
長寿命住宅の建設を進めるため、税制などの優遇措置も検討する。
少子高齢化対策の一環として住宅の建て替え負担を減らし、今後の社会保障の負担増に備える狙いがある。
耐震技術が進歩し、建築基準も厳しくなって、三〇年前後とされる日本の住宅の寿命は、強度面では延び続けている。
だが、現実にはかなりの住宅が、住人の世代交代に伴って『間取りが使いにくくなった』などの理由で、
まだ使えるのに建て直されている。長寿命住宅は、柱や基礎などの構造を丈夫にするだけではなく、
家族構成や年齢などに応じて間取りを簡単に改装できる住宅を増やすことで実現する。
自民党の住宅土地調査会は、月内に『二〇〇年住宅ビジョン』の骨格をまとめる。
骨組みの耐震強度を高め、壁を取り払って間取りを自由にできる『スケルトン・インフィル』の普及を目指し、
長寿命住宅にかかる消費税、固定資産税や購入者の所得税の軽減、
住宅ローン金利の優遇などを検討項目に盛り込む」 これに先立つ二〇〇六年六月、
前述した「住生活基本法」という法律が施行されている。
この「住生活基本法」は従来の「量」的政策から「質」への転換を明確に打ち出した。
これは、「フロー(新築供給)を前提とした住宅政策の終焉宣言」を意味している。
時代は大きく変わろうとしているのである。

 


このコラムは、2007年に発刊された「家、三匹の子ぶたが間違っていたこと」【ダイヤモンド社】の内容から、 弊社代表取締役田鎖郁男の記事を抜粋して掲載しています。詳細については、書籍をご覧下さい。 ………………………………………………………………………………………………………………………………

sanbiki「家、三匹の子ぶたが間違っていたこと」 田鎖郁男・金谷年展(共著)

大地震のたびに繰り返される悲劇の本当の原因は何か?本書に、その答えのすべてがある。「日本の二階建て木造住宅の97%以上が構造計算されていない」という事実を知っていますか?“家”の考え方が180°変わる目からウロコの書。 単行本 213ページ 発刊:2007年11月 発行:ダイヤモンド社 →書籍のご購入はこちらから