〜コストアップになる? 構造計算〜【3匹の子ぶたvol.024】

20150219cathe

 あなたの家は「構造計算」されていますか?(21)

コストアップになる? 構造計算


 

20150219TOP 最近、「坪当たり25万円!」などという住宅がもてはやされているが、住宅のコストを合法的に削るには壁量規定を利用して、余分な構造材料を削ることが〝賢明〟な策である。梁や柱はできるだけ減らし、壁を規定より少し多く入れて「耐震設計」と呼ぶことは違法ではないギリギリのセールストークとなる。

 こうした利益追求型商品住宅では構造計算など絶対にご法度である。 また、家は地震で壊れてもクレームにはならないので、本当の(構造計算された)耐震住宅でなくても会社は罪に問われることはない。日本の損害保険(地震保険以外)では地震などの天災は免責(保険金が払われない)となっており、住宅販売会社も販売した住宅が地震で壊れても法律的には保証の義務はない。構造計算をして安全性を担保することは、経営者にとって利益の損失と捉えられるケースが圧倒的に多い。 現に私は、一〇年前から「構造計算をした木造住宅を売りましょう」という呼びかけを行なっているが、理解を示すのは中小工務店の社長がほとんどであり、株主資本主義の社長は理解しても実行できない人がほとんどであった。 ちなみに、構造計算を規定どおり行なうとどの程度のコストアップになるだろうか? 四〇坪の規模・坪二五万円住宅と呼ばれるものとの比較をしてみた(あくまで参考値として見てほしい)。

①構造計算費用………………………20万円程度

②材料費(柱・梁・母屋・桁)……30万円程度(壁量規定では材料は検討しないので最小でよい)

③壁・筋交い追加工事費用…………5万円程度(壁量規定より壁が増える)

④構造計算のために地盤調査もするので、さらに5万円程度かかる

その他にも基礎のコンクリート費用の増加などもあるが、特殊な耐震工法を利用しなくてもざっと約60万円程度はコストが上がる。

坪当たり1.5万円程度のアップになるということだ。

 年間1,000棟販売するハウスメーカーにとっては、この60万円は6億円の利益に変わるのである。

 この6億円は住宅会社にとっては大きい。 よくテレビなどで、実際に建てた家を揺らすという実物大耐震実験を行ない「わが社の家は、あの大震災でも倒れないから安全である」というCMがあるが、実物大の住宅を振動台に載せて実際に揺らすという実験をすると約1億円の実験費用が必要である。構造計算をすべて行なって六億円を使うより、一億円をかけて耐震実験を行なったほうが営業上の費用対効果が高い。強い家をつくるために構造計算するといって地味な作業をしてコストを上げるよりも、強い家のイメージを訴えたほうが施主にわかりやすいし儲かるというわけだ。

 ちなみに、実験用に地震で壊れない家をつくることは決して難しくない。たとえば、正方形に近い形で左右対称のシンメトリーにデザインし、屋根など軽くして荷重を小さくするなどしたうえで、事前に「構造計算」で検証して実験に臨めば、まず倒壊はしない。

 耐震実験を広告で利用する際は、当然、実験で壊れなかった建物のみがCMで放送されているのだから、なんの参考にもならない。 あなたが建てようとしている家が実験住宅と同じ形で、同じ間取りで、同じ材を使うのならばその家を建てればよいだろう。

 しかし、そんなことはまずないと思う。敷地の条件によって、施主の家族や好みによって間取りは変わる。使う材もスギであったり、ヒノキであったり、輸入材、国産材と異なる。それなのに、ある条件で建てられた一つの家が実物大実験で倒れなかったからといって、そのメーカーの他の家も安全であるかのようにPRしていいのだろうか。家は1軒1軒すべて違う。それぞれの家が安全かどうかを確認するには、全棟を構造計算するしかないのだ。 

 


このコラムは、2007年に発刊された「家、三匹の子ぶたが間違っていたこと」【ダイヤモンド社】の内容から、 弊社代表取締役田鎖郁男の記事を抜粋して掲載しています。詳細については、書籍をご覧下さい。 ………………………………………………………………………………………………………………………………

sanbiki「家、三匹の子ぶたが間違っていたこと」 田鎖郁男・金谷年展(共著)

大地震のたびに繰り返される悲劇の本当の原因は何か?本書に、その答えのすべてがある。「日本の二階建て木造住宅の97%以上が構造計算されていない」という事実を知っていますか?“家”の考え方が180°変わる目からウロコの書。 単行本 213ページ 発刊:2007年11月 発行:ダイヤモンド社 →書籍のご購入はこちらから