木造建築.jpは移転しました。

このメッセージは木造建築.jpにアクセスいただいた方に向けて表示しています。

耐震構法SE構法で建てる大規模木造建築のサイトをご覧いただきありがとうございます。木造建築.jpは、2017年4月のリニューアに際して現在表示中のURLに移動しました。旧サイトをブックマークされている方は、お手数ですが新しいURLをご登録いただきますようお願いします。

株式会社エヌ・シー・エヌ

このメッセージを閉じる

WORKS実績紹介

ベーカリー&レストラン沢村 旧軽井沢

  • レストランの2層吹き抜けでは、梁を架け渡すことなく開放的な空間が得られた

SUMMARY

のびやかな吹き抜けをもつ飲食を楽しむための空間

旧軽井沢の入口にあたるロータリーの南西に位置する、ベーカリーとレストランを併設した商業施設。南側にベーカリーとカフェ、北側にレストランの棟があり、間にパンやペイストリーの売り場が配されている。ベーカリーやレストランの1階外側にはプラザやパティオといった屋外の飲食スペースが設けられるほか、外の回廊が建物に巻き付くように2階部分で巡り、来訪者は敷地内の多様な樹木や植栽を楽しめる。構造は当初、鉄骨造で計画されていたが、消費税増税などの影響で予算が合わず、検討の末にSE構造が選択された。鉄骨造で考えられていた構造のスパンはSE構造でもほぼ同じ寸法で踏襲されたうえ、柱の寸法は120×240mmと鉄骨造の場合よりも細くできた。さらにSE構法では、レストランの吹き抜け部分で梁を架け渡す必要がなかったことが、選択の決め手となった。
レストランの大きさは約20m×約9.5mで、中心にバーカウンター、その両側にテーブル席を配置。中央部には2層分の吹き抜けがあり、梁が出ないことで、外周部に巡らされた窓を通じて外の季節感が強く感じられる開放的な空間が生まれている。SE構法は鉄筋コンクリート造や鉄骨造と同じように立体的な解析を行っているため、可能になった空間である。120×240mmの扁平柱は建物の長手方向に向けて配することで壁体内に隠れ、客席や2階回廊の席では柱型が出ずにスッキリと納められた。表に出るシャープな構造体は黒く塗られ、周辺の自然環境と溶け合う特別な空間体験をもたらしている。

  • 1階バーカウンターとレストラン
  • ベーカリー売り場
  • 2階ブリッジからベーカリーカフェ方向を見る
  • 南プラザから北側を見る。プラザとテラスがつながり、建物を周遊できる
  • ベーカリープラザ

DATA

所在地
長野県北佐久郡軽井沢町
用途
店舗
設計
田辺雄之建築設計事務所
施工
竹花組
SE構法施工
セブン工業
階数
2階
建築面積
659m2
延床面積
661m2
耐火要件
その他の建築物
設計期間
2012年12月 - 2014年9月
施工期間
2014年10月 - 2015年6月
撮影
上田宏
パートナー
セブン工業株式会社
  • 平面図
  • 架構図