nakayama_intevew003

中山英之インタビュー vol.003

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest3Share on Google+0

そこが敷地だと思えばいつでも建築を始められる

― 小サイズといっても、普通のテーブルよりも大きいんですね。

中山 小サイズは、自分の部屋の中にもうひとつの小さな家をつくるようなイメージです。今、土地を買うお金がないよという人でも、自分の部屋を敷地に見立てて、建築をつくることができます(笑)。たとえば、小サイズを1つ購入して、8畳の部屋に建設すると、2段ベッドより少し大きなスペースが部屋の中に生まれます。その上を寝床として使ってもよいでしょう。高さは1700mmあるので、テニスの審判台のようなハシゴを使って上がります。一方、その下にはがらんと空いた新しいスペースができるので、そこで何を始めよう…と、今の生活とは少し違うギアを入れるような、何かきっかけを与えるような構造体です。 中サイズは、建築と呼ぶには小さくて、たとえば裏庭に置いて離れをつくったりできます。中サイズの中に小サイズを入れると、中にロフトができて2階建てのような建物になります。 このように、部屋でも庭の片隅でも、そこが敷地だと思えばいつでも建築が始められる――自分なりの方法で敷地と建築の関係を見立てていくことを提案したいと思っています。

大きさの異なる3つのテーブルを使って、家をつくってみてください、と言われたらどのようにつくりますか? 
中山英之さんの「大中小の家」は、テーブルのようなカタチをした大中小の3つの構造体を、
それぞれ重ねるようにして家を表現しています。

<インタビュー/文:木藤阿由子(建築知識ビルダーズ編集長)>