「室内8月号」工作社出版で、設計:スタジオ建築計画 元倉眞琴氏、施工:(株)参創ハウテックによる「深沢の家」が紹介されました。

SE構法の特徴を活かした50・という広いLDKを、可動することによって間仕切ることのできる可動式AVボードなどが紹介されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お名前

ウェブサイトURL

コメント