「新しい住まいの設計8月号」扶桑社で、「箱の家 No.72」がSE構法で建築された住宅として紹介されています。

「建築家・難波和彦さんの進化する『箱の家』」のタイトルで「箱の家 No.72」がSE構法で建築された住宅として紹介されています。「海を眺めて暮らしたい」というお施主の希望を叶える、大きな吹き抜けと前面にいっぱいに開口された窓が特徴的です。
施工:(株)小川建設