「室内9月号」工作社出版に、難波和彦+界工作舎の設計による「箱の家No.49」が掲載されました。

特集「値段と質、そのバランス 枠の中での工夫」の巻頭に、難波和彦+界工作舎の設計による「箱の家No.49」が掲載されました。単純な箱をつくるためのたくさんの工夫が解説されています。そして、難波氏の設計コンセプトも交えながら家族5人で過ごされている様子がたくさんの写真で紹介されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お名前

ウェブサイトURL

コメント