SE構法モルタル壁の層間変形角」の本格運用を開始いたしました。

モルタル壁の場合、層間変形角1/200を、SE構法では1/150でも可能になりました。