SE構法で建てた長期優良住宅にあらたな価値ができました。
『家賃保証』のある家。

家の新しい資産価値が出来ました。

日本の家は、新築で建ててから約30年余りで価値が無くなってしまいます。
つまり年数が経つと、家を売ることが難しくなってくるのです。

もし、家を建ててから転勤などになったらどうしますか?

そこでSE構法で建てた長期優良住宅であれば、家は手放さずそのまま賃貸として貸すことができるのです。
これが、『家賃保証』のある家です。

これは、移住・住みかえ支援機構に認められた会社のみが利用できる制度。
2010年12月時点では、9社のみなのです。
工務店ネットワークでは、㈱エヌ・シー・エヌが初めてとなります。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.ncn-se.co.jp/chouki/support/
 

『家賃保証』のある家を建てられる工務店はこちら。
http://www.ncn-se.co.jp/chouki/support/shoplist.html