『町田の家』ジャパンホーム株式会社

ジャパンホーム皆木社長は首都圏において、ローコスト住宅やハウスメーカーの画一的な家づくりではなく、こだわりの注文住宅を提供するというコンセプトのもと、デザインの自由度が高く、構造面でも高い強度を兼ね備えたSE構法で建てる家づくりを展開したのでした。


そこで、ターゲット地域である世田谷・目黒区周辺の中高級層の人々はプレファブ的住宅では物足りなさを感じると考え、設計事務所や大手メーカーと競合できる住宅販売会社を目指し、注文住宅を求める人達へのマーケットリサーチの結果、こだわり層に向けての「建築家と建てる家」を設計事務所と工務店のマッチングビジネスとして提供し、顧客対応として社内設計と外部の設計事務所を取り混ぜて使う営業スタイルを試みました。


そのスタイルとは、若い設計者とコラボレートすることでシンプルモダンなデザイン住宅を提案し満足度の高い作品に創り上げる住宅販売です。


当初、設計事務所との関係は、コスト・部材の納まり具合で難しい面もあり、質の高い大工でないと出来ない工事や予算割などの問題を、関係者と反省会を重ねることでクリアしていきました。

今は、一軒一軒の取り組みや作品へのこだわりをお客様に認めていただけるような実績も増えました。引渡しをする最後により高い満足感が得られる家づくりのあり方が、設計事務所・大工・社員との「気持ちの絆」を持つことや、プロジェクトパートナーを増やしていく事で成り立っていると思います。


このような新しい経営手段で設計事務所と社内設計を両立させながら、中高級住宅やこだわりのある住宅作品として時間をかけて作りあげる手法は、見えないところに手が届くように顧客満足度をあげ、大工さんや下請けの職人さんたちの教育と部材商品のあり方、コスト監理は常にレベルアップが必要で困難を伴うものと思います。

登録店の販売戦略や集客、利益の出し方や設計コンサルティングのマーケット手法は個々の会社により千差万別あります。成果を上げるためにもユーザに対してできるだけの認知度や住宅供給の質や新たなシステムを登録店に届けることが、エヌ・シー・エヌのプロジェクトパートナーだと考える取材でした。


83_02.jpg

 

ジャパンホーム株式会社 www.japan-home.com

東京都港区浜松町1-9-9 中央精工ビル

TEL 03-5777-3537