リフレ新白岡1丁目9番地計画 – 白岡ニュータウンプロジェクト

リフレ新白岡1丁目9番地計画 – 白岡ニュータウンプロジェクト

 

総合地所が所有する埼玉県の白岡市にある分譲地「リフレの杜」でのプロジェクト。変形敷地を区画割するところから藤村龍至氏が手がけた、計5棟の分譲住宅です。そのベースとなるのは2014年に東京ミッドタウンで開催された『MAKE HOUSE 木造の新しい原型展』で藤村氏が提案した「柱と梁の家」です。SE構法の原点である「柱と梁」にフォーカスを当て、よりシンプルに、架構の強さと美しさを活かした現代の「家らしい家」が住宅の既成概念を再構築し、郊外型住宅の新しいありかたを提示します。

→詳細はこちら