プロはもちろん、次世代を担う若きクリエイターからのアイデアも大募集

press_top00

「耐震」をわかりやすく伝える"コトバ"を大募集!

弊社が事務局を務めている「耐震住宅100%実行委員会」は活動の一環として、日々の暮らしの中で「耐震の家」をより多くの人に伝えるためのアイデアを「第53回宣伝会議賞」において募集しております。
詳しくは下記バナーより応募要項をご一読頂き、課題一覧の「エヌ・シー・エヌ」ページをご参照ください。皆様のご応募をお待ちしております。

2-300x157

bosyuu

宣伝会議賞とは

広告界で活躍する一流のコピーライター、そして糸井重里氏・林真理子氏といったプロの書き手を多数輩出してきた宣伝会議賞。今年で第53回を迎える同賞はこれまで「コピーライターの登竜門」として長年にわたり、若手のクリエイターやクリエイターを目指す方々にチャンスの場を提供してきました。
宣伝会議賞がスタートしたのは1963年。月刊「宣伝会議」(1954年創刊)の通巻100号を記念して創設されました。当初は数百点単位だった応募総数も前回(第52回)は52万点以上の作品が寄せられるなど、“日本最大規模の広告賞”となっています。
宣伝会議には2つの特徴があります。1つ目は、協賛企業の協力により、実際に存在する商品・サービスあるいは企業を課題としていること。そして2つ目は、プロ・アマを問わず応募できるコンペティションであることです。毎年、広告業務に携わっている方、今後携わっていきたい方を中心に、学生など一般の方々からも応募をいただいています。第50回から応募はWebサイト経由に一本化、1課題あたりの応募点数に上限を設けるなど、応募形式を一部、変更しています。
クリエイティブ能力に自信のある方も、力を試してみたい方も、自分の新たな可能性を発見するチャンスです。第53回宣伝会議賞のスローガンは「日本最強の一行は誰だ。」。グランプリをめざし、積極的なご応募をお待ちしています。

(2015年9月1日発売 宣伝会議本誌より引用)