「コンフォルト2月号」建築資料研究社で、半剛接による新工法の代表として、SE構法が紹介されました。

木構造の基礎知識というテーマの中で、半剛接による新工法の代表として、SE構法が紹介されました。また、同誌には橋本夕紀夫デザインスタジオ設計のT邸も紹介されています。