【PressLerease】NCN、"長期優良住宅"専門のホームページを新設!

<広報資料>                                  平成21年9月1日
 

NCN、“長期優良住宅”専門のホームページを新設!

2年連続で採択された長期優良住宅モデル事業を全棟公開!
 モデル事業以外の“SE構法で建てる長期優良住宅”の物件とイベント情報満載!
 

 

株式会社エヌ・シー・エヌ
本社:東京都港区赤坂4-8-14
社長:田鎖郁男、資本金:1億円
URL:http://www.ncn-se.co.jp/

全棟構造計算書付きのSE構法を独立系住宅ビルダー、工務店による全国の登録施工店を通じて供給している株式会社エヌ・シー・エヌ(以下NCN)は、

本日9月1日より、長期優良住宅専門のホームページ
「SE構法で建てる長期優良住宅~はじめの一棟から長期優良住宅でした~」

(http://www.ncn-se.co.jp/chouki/)を公開いたしましたのでお知らせします。

本ホームページは、2年連続で採択された「長期優良住宅先導的モデル事業」の物件紹介とともに、“SE構法で建てた長期優良住宅”を随時掲載していきます。また、長期優良住宅について、「短命な日本の住宅」、「『長く住まう』住宅へ」、「長期優良住宅の条件」、「長期優良住宅への優遇措置」のコンテンツでわかりやすく説明しています。これにより、アクセスユーザーが、長期優良住宅を理解してもらうとともに、SE構法で建てた長期優良住宅を自由に閲覧、長期優良住宅の現場見学会等のイベントを自由に閲覧できるようになっています。
本ホームページを通じてSE構法住宅が長期優良住宅を包含する住宅であるという認識が浸透、定着していくことを目的としています。

本年6月4日に長期優良住宅普及促進法が施行され、住宅メーカー各社では、長期優良住宅への取り組みを強化し、長期優良住宅仕様の住宅の販売を打ち出す動きが活発化しています。これに対して、木の持ち味を活かし、住宅性能を明確にすることで、長期間にわたって安心して住まうことのできる資産価値の高い家づくりを目指してきたNCNにとって、同様の趣旨から生まれた長期優良住宅をSE構法は積極的に推進していく次第です。
もともとSE構法は、「勘」による家づくりから脱却し、性能が明確な集成材と専用金物(SE金物)を使用し、構造計算や立体応力解析といったエンジニアリングの手法を積極的に採り入れた住宅工法。数値による明確な性能を表示できることから、引き渡されるSE構法住宅全棟に、長期優良住宅で求められる家歴書に相当するSE住宅性能報告書が添付し、保険会社の住宅性能に対する理解を得て、10年も前から住宅躯体に瑕疵保証(SE住宅性能保証)をつけることができました。こうしたことから、登録施工店が建築したSE構法住宅は、はじめの一棟から長期優良住宅だったといっても過言ではありません。
また、すでに、プレスリリースで発表させていただきましたが、業界に先駆けて、<長期優良住宅支援室>を新設し、登録施工店各社に長期優良住宅の普及を積極的に推進するとともに、平成21年第1回長期優良住宅先導的モデル事業に採択された「200年住宅コンソーシアムによる建築主サポートシステム提案」においても、長期優良住宅の必要なポイントとされている、国産材仕様をSE構法で本格展開させていただいております。
これからも、長期優良住宅を推進し、満足できる長期優良住宅の取得をサポートするためには豊富な情報が必要であることから本ホームページを制作、公開することになったものです。

なお、本日公開される「SE構法で建てる長期優良住宅~はじめの一棟から長期優良住宅でした~」の概要は次のとおりです。

以 上

 
<「SE構法で建てる長期優良住宅 ~はじめの一棟から長期優良住宅でした~ 」の概要>

□公開日:2009年9月1日(火曜日)
□コンテンツ
・「長期優良住宅ギャラリー」:長期優良住宅の物件写真等の紹介ページ
・「長期優良住宅イベント情報」:SE構法で建てた長期優良住宅のイベント情報
・短命な日本の住宅
・『長く住まう』住宅へ
・長期優良住宅の条件
・長期優良住宅への優遇措置
・SE構法とは
□URL:http://www.ncn-se.co.jp/chouki/
□対象:エンドユーザー・建設会社・設計事務所ほか

 

<ホームページサイト>

chouki.jpg
 

■SE構法について
SE構法とは、コンピュータ制御による高精度プレカットによって作られた集成材を軸組部分に採用し、接合部にNCN独自開発によるSE金物を使用することによって、圧倒的な構造強度を実現、大空間や大開口を可能にした住宅構法で、国土交通大臣の一般認定を取得しています。また、CADと連動した立体応力解析を物件ごとに行うことで、「勘」に頼らない、具体的な構造計算のデータを基にした安全性を確保できるため、真に安心して建てることのできる住宅として注目されています。ま
た、施工する工務店も、NCNが開催する講習を受け試験に合格し登録施工店の資格を取得する必要があります。現在522社(2009年3月現在)が「SE構法登録施工店」として活躍しています。
創業以来、全棟構造計算・全棟性能保証を実施し、延8,647棟(2009年3月末実績)の構造計算を行ってまいりました。

 

 

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社エヌ・シー・エヌ
総合企画室 松延(マツノベ) まで
電話03-5775-7357、FAX03-5775-7350