【PressLerease】NCN、「重量木骨の家」に全棟完成保証を導入!

<広報資料>                                 平成21年5月21日
 

NCN、「重量木骨の家」に全棟完成保証を導入!

~「重量木骨の家」の制度を活かし、74社全社に完成保証を適用~

 

株式会社エヌ・シー・エヌ
本社:東京都港区赤坂4-8-14
社長:田鎖郁男、資本金:1億円
URL:http://www.ncn-se.co.jp/

全棟構造計算書付きのSE構法住宅を全国の独立系住宅ビルダー、工務店による登録施工店を通じて供給している株式会社エヌ・シー・エヌ(以下NCN)は、株式会社住宅あんしん保証(以下、住宅あんしん保証、本社:東京都中央区八重洲1-6-6、社長:峯村 榮、資本金:4億6,550万円)の完成保証をベースにした「NCN重量木骨の家完成保証制度」を構築、運用する体制を整え、重量木骨プレミアムパートナーが建築する「重量木骨の家」全棟に完成保証を付けることになりましたので、お知らせします。
「NCN重量木骨の家完成保証制度」は、「重量木骨の家」で実施している、全棟構造計算、全棟第3者による現場検査や、全棟瑕疵保証といった制度の実績が認められ、今回、重量木骨プレミアムパートナー74社に対し、全棟完成保証を導入いたします。
「NCN重量木骨の家完成保証制度」の特徴は、一般的な完成保証の場合、保証会社の審査によって建設会社の完成保証が利用できる棟数が決定されますが、「NCN重量木骨の家完成保証制度」は「重量木骨の家」に登録している重量木骨プレミアムパートナー74社、全社が全棟で利用でき、重量木骨の家で建設した施主様すべてに完成保証を提供できる体制を整えており、重量木骨の家プレミアムパートナーは、いままで各社が使用していた完成保証と「NCN重量木骨の家完成保証制度」のどちらかを選択し、全棟完成保証を実現していきます。
また、昨今の大手ビルダーの倒産等で、施主からの完成保証への要望が増加していきています。
今回の「NCN重量木骨の家完成保証制度」は、重量木骨の家の運営主体であるNCNが、重量木骨プレミアムパートナーに代わって第三者の視点で積極的に完成保証を施主にアピールし、施主への安心と重量木骨プレミアムパートナーへの信頼を提供することが可能です。
こうした点は、「重量木骨の家」の工務店ネットワークという特性が活かされた完成保証といえます。「NCN重量木骨の家完成保証制度」により、さらに「重量木骨の家」は施主への安心と安全を供給できるものと確信しております。

「重量木骨の家」は、性能が明確な集成材と専用金物を使用し、安全性を確認するために構造計算を行なうSE構法住宅に、第三者検査をいち早く全棟に導入し、住宅完成後の性能保証、瑕疵保証など充実した内容の保証を付加し、NCNが提唱している「資産価値のある家づくり」を推進している工務店ネットワークです。完成保証については、これまで重量木骨プレミアムパートナーが施主からの要望に応じて個別に付けてきましたが、相次ぐ建設業者やデベロッパーの倒産によるトラブルが多発し、完成保証を要望する施主が増えてきたことから、NCNが住宅あんしん保証と提携して制度を構築し、「重量木骨の家」全棟に完成保証を付けることにしました。
完成保証を制度化するにあたっては、建築業者の倒産によって住宅が引き渡されない最悪の実例がないように、建設業者の審査基準を厳格化することはもとより、第3者による保証、さらには個別の建設会社ごとでの完成保証ではなく、重量木骨の家プレミアムパートナー全社への完成保証を実現し、保証制度の完成度を高めることにしました。また、重量木骨プレミアムパートナーとしても、「重量木骨の家」に全棟完成保証が付けられるため、完成保証を付けること自体の負担を払拭できます。

様々な工夫を施した「NCN重量木骨の家完成保証制度」は、「重量木骨の家」を住宅瑕疵担保責任保険(あんしん住宅瑕疵保険)引き受けにおいて認定品質住宅(※)に選定するなど取引実績のある住宅あんしん保証と提携して構築され、NCNが窓口となり、(1)完成保証利用申し込み(財務・業務実績審査)、(2)住宅建築請負契約、(3)完成保証委託申請(完成保証申し込み)、(4)完成保証証書発行の手順で進められます。建築費用の支払いについても、請負金額に対して契約時10%、着工または上棟時30%、中間時30%、竣工時30%を原則としているため、施主が契約金を過払いするといったことが防止される仕組みにもなっています。
「重量木骨の家」は、これからも施主、建築業者が十分に満足できる住宅、住宅供給システムづくりを創造し続けます。
                                              以 上

※認定品質住宅
良質な施工技術基準、品質管理体制を備え、一定の品質が見込まれる住宅を対象に住宅瑕疵担保責任保険(あんしん住宅瑕疵保険)引き受けにおいて検査の特例および保険料の優遇措置を行う住宅あんしん保証の制度。

■SE構法について
SE構法とは、コンピュータ制御による高精度プレカットによって作られた集成材を軸組部分に採用し、接合部にNCN独自開発によるSE金物を使用することによって、圧倒的な構造強度を実現、大空間や大開口を可能にした住宅構法で、国土交通大臣の一般認定を取得しています。また、CADと連動した立体応力解析を物件ごとに行うことで、「勘」に頼らない、具体的な構造計算のデータを基にした安全性を確保できるため、真に安心して建てることのできる住宅として注目されています。また、施工する工務店も、NCNが開催する講習を受け試験に合格し登録施工店の資格を取得する必要があります。現在522社(2009年3月現在)が「SE構法登録施工店」として活躍しています。
創業以来、全棟構造計算・全棟性能保証を実施し、延8,647棟(2009年3月末実績)の構造計算を行ってまいりました。
 

 

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社エヌ・シー・エヌ
総合企画室 松延(マツノべ) まで
電話03-5775-7357、FAX03-5775-7350