「BRUTUS 522」で、難波和彦氏設計の「箱の家-60」と「箱の家-55」が紹介されています。

「BRUTUS 522」で、難波和彦氏設計の「箱の家-60」と「箱の家-55」が紹介されています。

「約束建築報告」の中で、難波和彦氏設計の「箱の家‐60」と「箱の家‐55」が紹介されています。葉山の森戸海岸に建つ「箱の家‐60」(施工:(株)小川建設)は7.2m×7.2mの正方形のシンプルな3階建てです。対して「箱の家‐55」(施工:(株)山崎工務店)は三角形のという変形敷地を見事に空間構成した3階建て住宅です。