Sボルトの強度

se_catch12

se_kousei02Sボルトの強度

地震時において、さらなる安全性を確保するために、SE構法では業界で初めて、全棟Sボルトを採用しています。Sボルトは、従来の金物工法の課題を克服するために開発された特殊なボルトです。表面に凹凸加工を施し、木材にねじ込むことによって、引張剛性が向上。通常のボルトの2倍の強さを持つこのSボルトと高強度のSE金物の組み合わせにより、ラーメン構造を実現しています。

上図はエヌ・シー・エヌ実験による引張り荷重の平均値。

※1kNは、およそ100kg