〜なぜ、今「耐震住宅100%」〜【耐震住宅100%】  

catch01

 

なぜ、今「耐震住宅100%」


なぜ、今、「耐震住宅100%キャンペーン」を行うのか。

下の図をご覧ください。

taisinsiryou

出所:国土交通省ホームページより

平成15年(2004年)住宅の耐震化は、約75%となっています。その5年後、平成20年(2009年)でも79%と4%しか耐震化は進んでいません。

そして、国は平成27年に約90%の耐震化の目標を打ち出していますが、現実に達成は難しい状況です。さらに、2014年6月には、「国土強靭化基本計画」が閣議決定され、そのなかで、防災に強い国をめざすために、最初の目標として、平成32年(2020年)、東京オリンピックが開催されるまでに、耐震化率95%というさらに高い目標を掲げました。

なぜ、住宅の耐震化が必要なのか。

阪神淡路大震災において、死者のほとんどは大地震による家の倒壊による圧死。すなわち、家に押しつぶされたという現実です。旧耐震住宅の場合、上図にもあるように約1,000万戸ある旧耐震住宅において、仮に大地震が起きた場合、旧耐震住宅1,000万戸に住んでいる方、およそ2,000万人の方のうち約90%が家の倒壊による死者、1,800万人が被害を受けると試算されています。

NCNが設立されたのは、阪神淡路大震災の翌年の1986年。阪神淡路大震災の教訓から「地震により倒壊しない家づくり」を目指し、SE構法が開発されました。

それから、およそ20年。

「国土強靭化基本計画」が閣議決定されたいま、

私たちだけでなく、建設業界全体、そして、一般のこれから家を建てよう、すでに家を建てた方も含めて、

本当の意味で、「住宅の耐震」を意識していただき、少しでも大地震による被害を軽減しなければなりません。

まずは、

民間企業であるNCNと、全国の建設会社のみなさまと一緒に、

「耐震住宅100%」を1人でも多くの方に知っていただく活動、

それが「耐震住宅100%キャンペーン」です。

いましかできないこと、いまからはじめなければいけないことなのです。


 

 「耐震住宅100%キャンペーン」についてline_litebanar01banar02banar03

banar05banar06banar08

banar09

 

banar10

line_lite

taishin_www