TIMBER STRUCTURE LAB.

ABOUT

エヌ・シー・エヌでは、SE構法の大地震などの自然災害に対する安全性の検証として、社外の施設を利用して数多くの構造実験を実施してきました。
今後、多様化が見込まれる木構造に迅速かつ柔軟に対応するために、2022年3月に社内施設として「木構造技術センター(Timber Structure Lab.)」を開設しました。

「SE構法の追求」「あらゆる木構造の開発」「未来に向けた基礎研究開発」を目的に、SE構法の開発で培ったノウハウを活かした木構造の技術開発の拠点とし、住宅規模から中層大規模木造建築物までの木構造に関する基礎研究、応用研究、開発研究を進め技術資産を構築していきます。

概要

名称 エヌ・シー・エヌ 木構造技術センター
Timber Structure Lab.(ティンバーストラクチャーラボ)
所在地 埼玉県川口市本蓮1-12-13
開設日 2022年3月1日
床面積 建物全体 286平方メートル/試験スペース 143平方メートル

設置試験装置

  • 1

    1000kN(100トン)万能試験機

    接合部や部材の強度試験

  • 2

    200kN(20トン)面内せん断試験機

    耐力壁、ラーメンフレーム、床、屋根の水平力試験

  • 3

    恒温恒湿器

    木材の物性調査、耐久性・品質試験