木造建築.jpは移転しました。

このメッセージは木造建築.jpにアクセスいただいた方に向けて表示しています。

耐震構法SE構法で建てる大規模木造建築のサイトをご覧いただきありがとうございます。木造建築.jpは、2017年4月のリニューアに際して現在表示中のURLに移動しました。旧サイトをブックマークされている方は、お手数ですが新しいURLをご登録いただきますようお願いします。

株式会社エヌ・シー・エヌ

このメッセージを閉じる

TOPICSお知らせ

2019年10月25日(金)28日(月)【東京開催】「第6回 木造塾〜建築基準法改正で今できること〜」開催のご案内

2019年9月10日 更新

改正建築基準法が2019年6月25日から施行され、木造耐火設計の選択肢が広がります。

耐火性能の緩和だけではなく、建物の用途や規模に応じた設計を可能とし、燃え代設計え木材の現しもできるようになりました。これまで1時間耐火構造が求められた場合でも避難や倒壊・延焼防止措置を講じた準耐火仕様で設計ができるようになります。

中大規模木造の建設が増加するなか、この度の法改正で木材の表面化が可能となったことで、更なる木材利用の促進が期待されます。

今回の講習会では、法改正に照準を合わせて、「今」何が木造でできるのかについて解説させていただきます。

 

  • 開催日時:2019年10月25日(金)28日(月)13:00 受付開始※両日とも内容は同じです。
  • 会場:吉野石膏虎ノ門ビル
  • 共催:住友林業株式会社/吉野石膏株式会社
  • CPD認定プログラム:3単位(予定)

詳しい開催情報と参加のお申し込みはこちらのイベントページをご覧ください。