景観を味わう | 住まい設計工房

 

line_lite

白でまとめられたリビングに用意された極上のパノラマビュー。

時間を忘れるひとときに。line_lite

「 夜景が見える家が欲しい」という施主、Tさんの要望を受けて、住まい設計工房の社長、蘇理裕司さんは土地探しにも付き合い、2 年の月日をかけていくつもの物件をともにチェックしてきました。 「この土地を見たときにすぐプランがイメージできました」と蘇理さん。高台にある敷地から南西方向に広がる市街地 の景観を楽しむため、リビングは2階 に。斜面の自然林に妨げられることなく、視界を確保しました。 リビングでは南と西の2方向に対して床から天井までのフィクス窓をL字型に連続させ、ワイドな眺めを取り込ん でいます。ガラスの存在を感じさせな いように、床と天井にアングルとチャン ネルを埋め込み、景色以外のモノが目 に入らないように仕上げました。 西日から開口部を守るために庇も西 側に1820mm、南側に910mm張り出し、コーナー部には構造を支える柱を配置。柱を外に出すことで室内からの視界をすっきりと整理しました。

line_lite自分だけの静かなひとときを味わえる空間。

内装の選択や採光の配慮などの工夫でより快適に。

line_lite

 この家をつくるにあたって、Tさんと蘇理さんは何度となく打ち合わせを重ねて、意思疎通を図ったと言います。 「とにかく眺めを最優先しよう、と。一方で、当然、住宅としての機能性、快適性も備えさせなければいけない。その両方のバランスを取ることを心がけました」と蘇理さん。 蘇理さんの住宅設計の基本はパッシブデザイン。敷地における太陽の南中高度について、夏至と冬至それぞれにチェックして、開口部の配置や大きさ、そこに架ける庇の出を計画していきました。 「リビングの大開口をセットバックしよ
うというのも当初からの発想ですね。
庇を支える柱を外に出せば、ガラス面
の連続性も実現できる。構造設計の担
当者にもそんな意図を説明しました」。
大きく開いた斜面側とは対照的に、
道路側の外観はスリット窓のみの落ち着いた雰囲気に。外壁は漆喰でマットな質感に仕上げ、箱形のオブジェのようなたたずまいとなりました。 玄関に入ると印象的なのが、ホールに張り出すように設けられた地窓です。足元に光を取り込むことで、片持ち階段の浮遊感を強調し、空間にアクセントをもたらすことに。 2階は一転して、白い内装に光が広がります。床のタイルがまばゆく自然光を反射し、EP塗装の壁と天井が穏やかに明るさを受け止めて、心地よい雰囲気に。 壁は、幅木を付ける代わりに下端にアングルを入れ、床から10mmほど浮くように施工しています。 「白一面の部屋なので、圧迫感が生まれないように軽さを加えたかった」と蘇理さん。リビングから開口部に向かうと、床と天井が外の軒天やバルコニーと連続するように見え、景観に室内がとけ込むかのような思いさえします。 「実は、バルコニーは雨仕舞いのため、室内の床より120mm低くなっています。そこへデッキ材を重ね、室内と同じタイルで仕上げることで、床の高さが揃うように調節しています。またロールスクリーンも天井埋め込みにして存在感を消しました」と蘇理さん。ステンレスのアイランドキッチンもさりげなく設置。白い内装とのバランスを考慮したダークブラウンの収納棚は、家具作家に依頼して造作したものです。室内の照明器具もTさんと打ち合わせして、要所に配置。夜には明かりを消して、夜景の光だけでくつろぐこともできます。昼間の開放感とはまた趣の異なる非現実的な空間に。Tさんが1年がかりで見つけたお気に入りのソファも置かれました。 「バーのような落ち着きのある部屋にしたい」というTさんのイメージを反映した空間に仕上がっています。屋上に出られる開口部と屋根の上で座れる星見台も用意。高台ならではの360度見回せる場所に。光と陰影を楽しむ1階、眺めとインテリアに浸る2階、開放感を満喫できる屋上、とそれぞれ違った喜びを感じられる住まいとなりました。

20141217_002onclick=”javascript:urchinTracker(‘/selink/id/920/index.html’);”>http://www.sumakou.com
20141217_005

設計・施工 株式会社住まい設計工房

京都府京都市左京区新丸太町41

Tel. 075-751-2225

    http://www.sumakou.com