耐震構法 SE構法

施工実例GALLERY

2020/04

熊本県 やまなみこども園 ポランのひろば

子どもたちの遊びがつながる廊下のない保育施設。

やまなみこども園は熊本県の企業主導型保育施設だ。運営しているのはNPO法人ひかるつめくさ。1976年に認可外保育園である「やまなみこども園」を開園、1984年には認可保育園小規模保育所である「やまなみこども園 ころぼっくる」を開設し、当園は3つめの保育施設となる。

これまで多くの父母の共感とサポートを集めてきた教育理念は「遊びを通して子どもたちをのびのび育て、何でも自主的に取り組ませる」。ひかるつめくさ代表の山並さんによると、ポランのひろばは「大きなおうちで暮らすたくさんのきょうだい」だという。つまり学校ではなく家、という概念だ。

設計を担当したブランカアーキテクツの田畑さんは上記のコンセプトをうけ、園の様子をヒアリングし、さらに熊本県下の他の保育所を10か所まわって視察したという。こうして打ち出されたのが、スクール方式とはことなる廊下のない現在のプランだった。

実際に園生活が始まると、園児たちは学年をこえてまじわり、回遊魚のように遊びまわっている。この園にはあてがわれた部屋で遊ぶという概念は存在していない。

また、1階の調理室は、隣接した5歳児クラス兼食堂とガラスで仕切られており、さながら台所と食卓の関係のよう。食堂からは調理風景が見え、おいしそうなにおいもただよってくる……ここではそれも教育の一環なのだ。

ポランの家はまさに、のびのびと暮らすきょうだいたちの大きな家。保育施設の理念が忠実に形になった建築である。

設計・監理
ブランカアーキテクツ

施工
株式会社三津野建設

SE施工
HOME CRAFT株式会社 / http://homecraft.jp/pre/

一覧に戻る

工務店検索

PICKUP CONTENTS

  • 熊本地震シミュレーション
  • SE構法施工実例
  • 家づくり構造計算ナビ

GROUP SITE

  • 重量木骨の家
  • 大規模木造建築
  • 耐震住宅100%実行委員会