木造建築.jpは移転しました。

このメッセージは木造建築.jpにアクセスいただいた方に向けて表示しています。

耐震構法SE構法で建てる大規模木造建築のサイトをご覧いただきありがとうございます。木造建築.jpは、2017年4月のリニューアに際して現在表示中のURLに移動しました。旧サイトをブックマークされている方は、お手数ですが新しいURLをご登録いただきますようお願いします。

株式会社エヌ・シー・エヌ

このメッセージを閉じる

WOODEN STRUCTURE 中大規模木造

中大規模木造

低層の施設や店舗などの建築工法に、「木造」という有効な選択肢が加わる時代を迎えました。
中大規模木造の建築実務に必要なお役立ち情報をお伝えします。

構法

中大規模木造で主に使われる工法は3種類。使い勝手が良いのは集成材構法

木造
構造用集成材

中大規模木造に構造用集成材が最適な理由は高い加工技術と優れた特性

材料
事例

木造の耐火建築物は「木を見せる」にこだわらず大臣認定工法や告示を使うべき理由

法規
プレカット工場

中大規模木造はプレカット工場の選定が鍵となる理由

材料
材料

中大規模木造は材料の産地を限定するとコストや調達に大きな障害が出る事実

材料

中大規模木造は設計から生産までシステムが確立した構法が使いやすい理由

木造
構造用集成材

中大規模木造建築の鍵となる構造用集成材の寸法と強度

材料
構造用集成材

中大規模木造はテクノロジーの進化により構造用集成材を用いた工法が適している

材料
燃えしろ設計

準耐火建築物であれば「燃え代設計」により木造の構造体を現しにできる

法規

認定こども園を木造で計画するポイントは「保育室は1階」と「可変性の高い空間」

木造