耐震構法 SE構法

施工実例GALLERY

2016/07

弘教寺もんしんと会館

気軽に入りやすい、カフェ風の宗教施設。

一見カフェのような佇まいは、施主夫妻と工務店が「開かれた空間」を試みた結果

「弘教寺もんしんと会館」は、千葉県市原市、姉ケ崎駅から徒歩5分ほどのところに建つ浄土真宗本願寺派の宗教施設である。一見カフェのような佇まいは、施主夫妻と工務店が「開かれた空間」を試みた結果だ。

誰もが立ち寄りやすいデザインを構想

施主である小林住職は、2000年、道を挟んだはす向かいに弘教寺の本堂をかまえた。当時は人の出入りがあったものの、門徒の方の高齢化などにともない徐々に人々の足は途絶えてしまったという。

そこで気軽に入りやすい建物を設け、新しく浄土真宗の門徒になってくれる人を呼び込む挑戦が始まった。坊守である奥様は、スターバックスコーヒーのように誰もが立ち寄りやすいデザインを構想し、それが大塚設計によって叶えられた。

エントランスを入ると中央奥には内陣

「弘教寺もんしんと会館」は交通量の多い県道沿いに位置し、人通りの多い県道側にエントランスを設けている。エントランスを入ると中央奥には内陣(ないじん)とよばれる本尊仏を安置されている場所が現れ、その対面は外陣(げじん)と呼ばれる門徒が集まる場所となっている。広場のようなたっぷりとした空間は多目的に使うことができ、テーブルやイスの位置が変えられるようになっている。

キッチンとバーカウンター

内陣にむかって右手にはキッチンとバーカウンターがあり、気軽にお茶を楽しむことができる。ここでは写経の会などの宗教的な催しだけでなく、講話会やハンドベルの会、コーラスの会といったイベントも企画、実施しており、当初の目的どおり宗教の垣根をとっぱらった試みが行われている。

設計
有限会社大塚設計 / http://otsuka-sekkei.com/

SE施工
株式会社大三商行 / http://www.daisan-net.co.jp/

一覧に戻る

工務店検索

PICKUP CONTENTS

  • 熊本地震シミュレーション
  • SE構法施工実例
  • 家づくり構造計算ナビ

GROUP SITE

  • 重量木骨の家
  • 大規模木造建築
  • 耐震住宅100%実行委員会