耐震構法 SE構法

コラムCOLUMN

家、三匹の子ぶたが間違っていたこと

【三匹の子ぶた vol.26】〜「大工神話」が科学的計算を阻む〜

あなたの家は「構造計算」されていますか?

〜「大工神話」が科学的計算を阻む〜

木造を語るときに東大寺や清水寺などの歴史的建築物を引き合いに出して、まるで大工さんたちは構造の強度までわかっているような話をする人がいる。

大工さんの木造は歴史があるから計算しなくても大丈夫、というわけだ。これも誤解である。

いまの木造住宅の木材は、あらかじめ工場で機械で加工しているため、昔のように大工さんが手で材を刻むことはまずない。

合理化のもとで、柱は昔の家の大黒柱の3分の1の太さになっているのに、多くの施主は、それでも木造神話を信じている。

だが、あえて断言するが、薬師寺の再建や伊勢神宮の再建をする宮大工のつくる木造と、あなたの家の木造はまったく似て非なるものなのである。

「1000年ももつ木造と私の家は同じ」という幻影に惑わされた人は、まず柱の太さを比較してみるとよい。

東大寺の大仏殿の柱はどのくらいの太さがあるか?

清水寺の柱はどのくらいの太さなのか?

直径1メートルの丸い柱とあなたの家の105ミリの柱。同じ素材だったらどのくらい強度が違うだろうか。

柱の強度はその断面積に比例するので約80倍にもなる。

あなたの家の柱80本と伝統建築の柱1本が同じ強度ということだ。

また、「清水寺の舞台から飛び降りる」という表現が、かなり高いところから飛び降りるというイメージで使われているが、

その高さは地上約13メートル、3階建ての木造住宅の屋根の高さとほぼ同じなのである。 

一覧に戻る

このコラムは、2007年に発刊された「家、三匹の子ぶたが間違っていたこと」【ダイヤモンド社】の内容から、
弊社代表取締役田鎖郁男の記事を抜粋して掲載しています。詳細については、書籍をご覧下さい。

「家、三匹の子ぶたが間違っていたこと」

「家、三匹の子ぶたが間違っていたこと」 田鎖郁男・金谷年展(共著)

大地震のたびに繰り返される悲劇の本当の原因は何か?本書に、その答えのすべてがある。
「日本の二階建て木造住宅の97%以上が構造計算されていない」という事実を知っていますか?“家”の考え方が180°変わる目からウロコの書。
単行本 213ページ 発刊:2007年11月 発行:ダイヤモンド社 →書籍のご購入はこちらから

PICKUP CONTENTS

  • 熊本地震シミュレーション
  • SE構法施工実例
  • コウゾウノハナシ

GROUP SITE

  • 重量木骨の家
  • 大規模木造建築
  • 耐震住宅100%実行委員会