耐震構法 SE構法

施工実例GALLERY

2016/07

大津T邸 | 株式会社楠亀工務店

広大なワンルームと通り土間で、開放感と暮らしやすさを両立。

T邸は、延暦寺のお膝元近くに建ち、隣地は奥様の実家である。Tさん夫妻は当初、ハウスメーカーで新築を検討していたが、大空間を可能とするSE構法と楠亀工務店に出会い、一からのプランニングが始まった。

Tさん夫妻は、3人の子どものいる5人家族だ。強い要望として、第一にハウスメーカーでは成しえなかった広々とした空間を、第二に実家と共有する庭へスムーズにアクセスすることを挙げていた。

それらを実現するため、1階は北側に水回りをまとめ、LDKを柱や壁のない大空間とし、西側の玄関から南側の庭へ直接アクセスできる通り土間を設けた。
2階は南側に大きな吹き抜けと勉強スペース、北側に寝室と将来子ども部屋に改装可能なスペースが用意されている。
つまり、階をまたいで水回りと寝室以外は間仕切りのない、一室大空間が実現したのである。

この間取りは、柱を極力用いずに耐力壁と大きな梁によって耐震性と大空間を両立できるSE構法ならではといえるだろう。

通り土間の壁側には、表面が黒板塗装の引き戸収納が並び、ほぼすべての生活用品がここに納まる。子どものお絵かき板になるほか、中に何が入っているか絵を描いておくことができるというアイディアが光る。

リビングよりダイニング方向を見る。

キッチンは、配膳しやすく、キッチンに居ながら2階へ意識が行き届くようにダイニングテーブルと並行になるよう配置されている。大空間にこだわったT邸は、家族の気配がつながりあう、暮らしやすい家となった。

設計・SE施工
株式会社楠亀工務店 / https://www.kusukame.com/

一覧に戻る

工務店検索

PICKUP CONTENTS

  • 熊本地震シミュレーション
  • SE構法施工実例
  • 家づくり構造計算ナビ

GROUP SITE

  • 重量木骨の家
  • 大規模木造建築
  • 耐震住宅100%実行委員会