耐震構法 SE構法

施工実例GALLERY

2020/11

大阪府 Haus O

日本文化にドイツ建築のアイデアを取り入れる。

設計者の内山さんは施主であるO夫妻の妹であり、ドイツ在住の建築家だ。また内山さんの夫はドイツ人の建築家であるため、O邸はドイツの近代建築の要素を色濃く反映した住宅となった。

プロジェクトはO夫人と内山氏の実家の建て替えで、敷地は桃ヶ池という由緒ある池を中心とした都市公園内にある。夫人は親から引き継いだ土地を子どもが受け継いでいけるよう、ニュートラルでシンプルな家を希望。Oさんはそれまで住んでいた集合住宅の天井の低さやリビングの狭さに不満があったため、新築に際しては第一に天井が高いこと、そして丈夫な家を要望した。

内山さんたちの事務所のキーコンセプトは「サスティナブル」で、熱効率の良い建物のフォルムはボックス型だという。拠点としているベルリンも、当敷地も夏場に通風を確保することが難しいことで共通していたため、開口部は気密性を高くして全館空調を採用。南側に庇や袖壁を設けて直接西日が入るのを防いでいる。

間取りは桃ヶ池の眺望を大切にするかたちで、2階の北側にLDKを配置。天井高は南下がりで3,473mm~3,930mmと高く開放感がある。南側には汎用性のある個室をふたつ設け、1階にはインナーガレージと倉庫、個室を2つ、水回りを配置。

特徴的なのは、玄関をはさんで個室となる仏間をつくった点で、法事やパブリックスペースとしての応接機能を果たすことを想定している。O邸は先鋭的な外観に日本文化の濃い暮らし方が内包された心地よい住まいとなった。

設計
Peter Ruge Architekten / 内山佳代子

監理
吉田創一建築研究所

施工
株式会社マサキ工務店 / http://www.e-masaki.co.jp

一覧に戻る

工務店検索

PICKUP CONTENTS

  • 熊本地震シミュレーション
  • SE構法施工実例
  • 家づくり構造計算ナビ

GROUP SITE

  • 重量木骨の家
  • 大規模木造建築
  • 耐震住宅100%実行委員会