耐震構法 SE構法

施工実例GALLERY

2016/11

里山住宅博 | d+bアーキテクチャー株式会社

短所を長所に。里山の住環境を享受する家。

通りから見る全景。

今回紹介するのは、神戸市上津台のニュータウン建設にあたって、斜面が広がるヘタ地(開発が難しい土地)となってしまった場所に立つ、ユニークな試みの住宅だ。

「里山住宅博」と名付けられた一体の住宅群は、土地を購入した各工務店が、建築協定を定め、決められたデザインコードを守って設計されたものだ。宅地化しにくい斜面地はすべて居住者の共同所有とし、里山として環境形成をしていこうという斬新な提案も込められている。

ダイニングよりリビング方向を見る。

この企画に参加したd+bアーキテクチャーの木内さんは、いくつかの土地から正面に山が望める区画を選び、眺望をコンセプトとした「南北に抜ける」プランニングを考えた。

まず、1階の南東側に朝日が入るダイニング。ダイニングには土間を隣接させて、そこで朝食をとることもできる拡張性をもたせた。ダイニングの北側にはリビングを配置し、窓から見える庭を整備した。南北にまっすぐ開口を設けることで、心地よい自然の風が通る。

2階子供室前から北側を見通す。/リビング

寝室と子ども部屋のある2階においても、南北への抜けが重視され、幅の広い廊下がわたっている。床の一部を格子状であるグレーチングにすることで、北側のリビングにも自然光が入るしくみだ。

アプローチを見る。/アプローチから土間テラスを見る。/2階から芝生の庭を見下ろす。池はビオトープとなる予定。

里山を共同所有するという独創的な住宅地で豊かに暮らすには、この環境をしっかり享受すること。設計者のブレない考えが、隅々に詰め込まれている住宅である。

設計・SE施工
d+bアーキテクチャー株式会社 / http://www.d-b.co.jp/

一覧に戻る

工務店検索

PICKUP CONTENTS

  • 熊本地震シミュレーション
  • SE構法施工実例
  • 家づくり構造計算ナビ

GROUP SITE

  • 重量木骨の家
  • 大規模木造建築
  • 耐震住宅100%実行委員会