株式会社エヌ・シー・エヌ

独自の技術(集成材)TECHNICAL

集成材

集成材だからこそ、構造計算を可能にする。

部材、接合部の強度が明確だから構造計算が可能。建物の強さがわかる。それが耐震構法SE構法です。

耐震性に優れた大空間を可能にする平角柱。

耐震構法SE構法では、平角柱を使用した耐力フレームにより、強さを保ちながら、大開口や車3台のスペース確保をも可能にするビルトインガレージなど、ラーメン構造による木造住宅の可能性を広げています。

集成材の強度は、無垢材の約1.6倍。

無垢材は自然素材であるが故に、強度にばらつきがあり、構造計算を行うには不向きな素材です。そこで耐震構法SE構法では、一定の強度が保たれた集成材を使用しています。

シックハウスも気にならない、業界最高水準の集成材を使用。

近年問題視されているシックハウス症候群に対応するため、ホルムアルデヒドの放散量がほとんどない、JASで認められた「F☆☆☆☆」等級の安全な集成材を使用しています。

確かな品質を証明する森林認証。

世界最大の森林認証統括組織であるPEFCのCoC認証を取得。これにより、耐震構法SE構法が、持続可能な方法で管理されている森林から採取した木材の供給・管理システムを有することを証明しています。

燃えしろ設計により、木の質感を都心でも味わえます。

規制により厳しい制限がある柱や梁を室内で見せる「あらわし」も、耐震構法SE構法なら可能。市街地にある準防火地域の建物や大型建築物などでも、木の質感にとる安らぎを味わえます。

集成材の柱、梁は一本一本検査。

柱や梁に使われる集成材は、それを構成するひき板1枚1枚、柱梁1本1本の強度が検査されています。水分量は含水率15%以下、MSR(マシーンストレステッド)による強度試験をクリアしたものを使用しています。

PICKUP CONTENTS

  • 熊本地震シミュレーション
  • SE構法施工実例
  • コウゾウノハナシ

GROUP SITE

  • 重量木骨の家
  • 大規模木造建築
  • 耐震住宅100%実行委員会